中学受験について

偏差値の意味

偏差値のグラフ

中学受験が近づいてくると、大手の塾では定期的に模試を実施します。
試験が終了すると、志望校の合格可能性や偏差が判定されます。
このとき、受験生全体から偏差が算出され、志望校ごとに80%偏差、50%偏差などといった目安となる偏差も公表されます。
80%偏差というのは、例えば、志望校の80%偏差が60だとして自分の偏差値も60だったとすると合格可能性は80%と判定されます。

一般的に中学受験では80%以上の合格可能性は出ないことになっています。
実際の入試では、偏差値60の子供が10人試験を受けたとすると、その中で合格する子が8人いるということです。
言い換えると60以上の偏差があっても2人は不合格になっているともいえます。
50%偏差値についても同じことが言えます。特に、小学生の場合、中学受験当日に実力が発揮できるかどうかは、体調や心理面など、大学受験などと比べて不安定な要素も多いことを認識しておく必要があります。

兄弟が私立中学に通っていて楽しそうだから中学受験をする事にした山沢(仮名)さんの体験談

私が私立中学を中学受験しようと決めた理由は、上の2人の兄弟も私立中学に通っていて、行事や校外学習がとてもたくさんあって、とても楽しそうだと思ったからです。
受験勉強は、5年生になってから塾に通い始めたのですが、家では兄弟が中学受験の経験者だったこともあって、わからないところは家で聞くことができて、とても楽に勉強を進めることができました。

合格した女の子

中学受験の結果、兄弟と同じ中学に進むことができて、今では行事の委員会とかも一緒にやることもあり、本当に同じ中学でよかったと思います。
部活も高校生と一緒にできるので、レベルの高い練習で、自分がどんどん上手くなっていくのを実感することができます。本当に私立中学に進んで良かったと思います。

中学受験コラム

中学校受験というものがあります。
言うまでもなく、中学校というところは義務教育で学ぶべき場所ですので、高校や大学と異なり「入試」というものを受験する必要は本来ならばありません。
にもかかわらず、中学校受験というものに臨む理由はどこにあるのかといえば、そこには様々なものがあります。
たとえば良い学校に入ることでその後の生活がより良いものとするといった考え方もそのひとつといえますし、あるいは家柄などの関係などで中学校受験を志望するといったケースもあるかもしれません。
いずれにしても、中学校の受験をするということはそれだけで特別なことであり、その「特別なこと」をするだけの価値があるといえるでしょう。

とはいえ、中学校受験に臨むのは言うまでもなく小学生です。
小学校も高学年になれば、ある程度ものの考え方も確立され、自分で物事を決定できる年頃になりつつあるといえますが、それでもメンタル面をはじめとしてまだまだ未熟であることは否めません。
中学校受験が他の高校入試や大学受験などと決定的に異なる点は、「受験」に臨む子供の年齢が圧倒的に低いという点といえます。
ただでさえ「受験」と名の付くものは異様なプレッシャーの中で試験を受けなければならないのに対し、それに臨む子供というものは、まだまだ肉体的にも精神的にも幼い存在であり、ただ勉強ができれば良いというわけにはいかないのが中学校受験というものなのです。

勉強をする男の子

そのため、どうすれば中学校受験の本番で実力を発揮できるかというのは非常に大きなポイントであるといえます。
ひとつの方法といえるのが、中学受験に特化した学習塾を利用するというものです。
たとえば小学校で学ぶカリキュラムがあったとして、中学校受験の出題範囲はそのカリキュラムで学んだ範囲から出ることになるのですが、その範囲を完全に頭に入れるということはほぼ不可能に近いといえます。
しかし、その中から重要度の高い部分をピックアップし、その部分に対する理解力を高めるということは、学習塾に通うことで身につけることができます。
中学校受験に限らず、試験を受けるにあたり大切なことは、限られた時間を有効に使い、いかに効率的な勉強法を行うかという点にあります。
一人で教科書や参考書、問題集を解いたとしても、膨大な範囲の中から「重要度の高いポイント」を見つけることはかなり難しいことであるといえますし、それではなかなか効率的な学習を進めることはできません。

その点、中学受験に特化した学習塾の場合は中学校受験に対してのノウハウも蓄積されていますし、それをもとに導き出される学習法というものも得ることができます。
もちろん、こうした学習法を自分の力にするためには、本人のやる気というものも大きく関係してきますが、普段とは異なる環境に身を置くことで磨かれる感性というものは、きっと中学受験の入試本番でも大きく役立つことと思います。
学習を進めていく中での勉強のやり方に疑問や不安があっても、それを解決する方法を教えてもらえるのも塾ならではのメリットであるといえるでしょう。